スマートシティ 高松

全国に広がる 都市のスマート化

今回は四国高松市です。

 

レンタルサイクルにGPSを搭載し、どの観光地にどういう経路で行ったかといったデータを蓄積

ビッグデーター化して、AI分析し、観光に役立てます。

また、防災にもビッグデータとAIを活用しています。

 

未来を生きる子どもたちは、新しいAIなどのICT技術を自ら学び、考え、活かすことが

重要になってきます。

JUGEMテーマ:インターネット

 

 

 

トヨタが未来実験都市を建設

JUGEMテーマ:インターネット

 

都市設計はデンマーク出身の建築家、ビャルケ・インゲルス氏。

「人々が実際に住んで、働いて、遊んで、そんな生活を送りながら実証に参加する街です」

(豊田章男社長)

 

 

 

トヨタ自動車の発表によると「コネクティッド・シティ」とはあらゆるモノやサービスが繋がる時代を見据え、街での実際の生活のなかで実証実験を行い、新たなビジネスモデルの創出を目指す計画。 

 

街には、初期段階からトヨタ従業員や関係者など2000人が実際に住民として住むことを想定。自動運転やモビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS=マイカー以外の全ての交通手段を1つのサービスと捉えつなぐ移動概念)、それにロボットやスマートホーム、人工知能技術などを導入し、実証実験を進める。

 

 

 

AIロボットで野菜を自動収穫

JUGEMテーマ:教育

JUGEMテーマ:インターネット

 

いろいろな分野でAIや最先端技術を学び

自分の職業に活用できる人が成功する時代

 

「新しいことを学ぶことが好き」といえるようにしよう。

 

AIを農業に活用する事例

農業のつらい収穫作業を自動化した例

 

そのうちの1つ 自動野菜収穫ロボット

 

inaho株式会社では人工知能を使った自動野菜収穫ロボットを開発しています。

収穫適期の野菜のみを自動で判別して収穫を行います。

ロボットは設定した通りに圃場を移動します。

そのため無人で収穫作業を行うことが可能です。

アスパラガス、きゅうり、ピーマン、トマト、ナスの収穫に順次対応していきます。

 

 

 

第4次産業革命って何?

JUGEMテーマ:インターネット

 

5G 各社の開発動画 富士通

JUGEMテーマ:インターネット

 

富士通と描く5Gの未来「ある少年と、その家族の一日」

 

これからの社会で必要な力

JUGEMテーマ:教育

 

教育の目的は、子どもたちが「社会人として活躍できる力」を育むことです。

社会が変われば、当然教育も変わります。

10年ほど前に登場したAIやロボットで社会が大きく変わり続けています。

第4次産業革命といいます。

この社会の急激な変化に対応するために

2020年 学校教育が大きく変わります。明治維新以来の大改革とも言われています。

では、これからの社会に対応するためにどんな力を身につければいいのでしょうか。

 

高速道路を例えに解説します。

 

 

今までの教育は、すでに出来上がっていた高速道路を走る運転技術をマニュアルを使って教えていました。

高速道路を使って目的地へ、正確に、早く、到達できる人が優秀とされていました。

 

しかし、これからの社会で必要とされる力は、高速道路を自らつくるための力です。

マニュアルはありません。

 

自ら目的地を決めて、最短ルートを考え、必要な情報や知識を学び、みんなと協力しなければいけません。

実際に工事を始めると、いろいろな問題・課題が起こってきますが、マニュアルも答えもありません。

自ら考えながら、一番最善の方法で解決しながら、工事をすすめる必要があります。

 

これからの社会では、人から指示されたり、教えてもらったりするのではなく

 

問題や課題を見つけて、解決の目標を設定する。

目標を設定できれば、その最善の解決方法を自ら考える

解決に必要な知識や情報を自ら学ぶ

試行錯誤しながら問題・課題を解決していく

途中うまくいかない時には、修正して別の目標を設定する。

 

企業が求めているのは、これらの力です。

 

 

高速インタネット 5G

JUGEMテーマ:インターネット

 

「5G(ファイブジー)」は「5th Generation」の略で、「第5世代移動通信システム」と呼ばれる、携帯電話やスマホなどの通信に用いられる次世代通信規格です。これまでも3Gや4Gなど着実に進化を遂げてきているように、「G」につく数字が大きくなるほど、より高速なモバイル通信を実現してくれます。

 

画像は総務省より

 

5Gで何が変わる

超高速 インターネット 5G

JUGEMテーマ:インターネット

1